Indeed代理店選び方Navi » 課題から見るIndeed代理店選びのポイント » 求人広告の閲覧が少ない

求人広告の閲覧が少ない

低コストで採用成功につなげることができることで人気のIndeed。最近ではテレビCMなどの露出も増え、多くの企業に利用されています。また、無料で掲載することができるので、手軽に始められるのが魅力です。

しかし、Indeedに広告を掲載しても効果がない、クリックされない、そもそも求職者に広告自体見てもらえていなさそう、そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、求職者に広告を見てもらえない原因とその対策について詳しく解説していきます。Indeedの効果がなかなか出ない原因を見つけて解決し、Indeedを活用して効果的な採用活動を行いましょう。

広告自体があまり見られていない原因と対策

求職者を惹きつけるような、魅力的な広告であるにも関わらず、なぜ自社求人ページを見てもらえないのでしょうか?広告を見てもらえない、クリックされない原因と対策について解説していきます。

考えられる代表的な原因

Indeedに掲載しても効果がなく、広告が見られていない原因の一つに挙げられるのが、募集職種が特殊なケースです。高度な資格や専門職を必要とする職種の場合、そもそも対応する人材の母数が少ないため、どうしてもアクセスが伸びません。

Indeedのガイドラインに則っていない場合は、求人データの掲載取り止めや、掲載してもらえないこともあります。また、有料枠を利用している場合、予算が足りなくなると、表示回数が少なくなってしまうことも。予算が尽きていると、広告の表示がストップします。

数多くの業種を選択することも、表示されない原因の一つです。求職者が検索に使うキーワード、そしてIndeedが認識しているキーワードがマッチしていないため、表示されなくなります。

広告を見てもらいアクセス数増加へとつなげる対策

応募職種が特殊な場合は、なかなかアクセス数を伸ばすのは難しいのですが、職種が特殊なものでなければ、対策次第でアクセス数増加を目指せます。

上記のようにガイドラインに記載されている内容に従って、求人内容を作成し直してください。

広告予算が不足している場合は、予算を上げることで解決します。また、予算が尽きていそうな場合は、管理画面上で確認してみましょう。

設定キーワードが失敗しているケースでは、求人情報で使用するキーワードの絞り込みを行い、求人内容を制作する際、キーワードに沿った内容にしてください。

求人広告制作の際は、下記を意識して制作することで、応募率のアップを目指せます。

Indeedの運用代行を依頼して効果を最大限に

有料枠のIndeed広告は、基本のノウハウがないと難しいです。上限クリック単価を高く設定することで、広告の表示範囲や掲載順位が他社より優位になりますが、予算の問題もあります。限られた予算に最大限のパフォーマンスを上げるには、運用代行を外部に依頼する方法が有効です。

しかし、Indeedでの求人を効率よく成功させるためには、上記だけでなく、さまざまな対策が必要。 Indeed代理店は、単に運用するだけでなく、三種の神器(求人用のサイト制作やIndeed運用の解析・分析・PDCAを回せること、求人やWEB戦略のコンサルティングもしてくれること)が重要です。

特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る