Indeed代理店選び方Navi » 課題から見るIndeed代理店選びのポイント » Indeed求人広告で
写真を載せるメリットとは?

Indeed求人広告で
写真を載せるメリットとは?

Indeedは非常にシンプルでわかりやすい画面が魅力ですが、現在はスマートフォンページで写真を掲載することもできるようになっています。写真を使用することによって、より効果的な求人情報を掲載できるようになり、企業が求めている人材と出会える可能性も高くなるでしょう。

この記事では、Indeedの求人広告で写真を掲載するメリットや写真の選び方などについて解説します。効果的な求人広告を作成したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Indeed求人広告で写真を載せる
3つのメリット

まずはじめに、Indeed求人広告で写真を掲載するメリットを3点ご紹介します。効果的な求人広告を作成するためのヒントが見つかるかもしれませんので、ぜひチェックしてみてください。

言葉で表現しにくい内容も伝えやすくなる

何か物事を伝える時に、言葉だけではなかなか伝わりにくいという場面に出会うことがありますが、それは求人広告でも同じ。そんな時には写真を用いると、言葉では表現しにくい内容も視覚的に伝えられるようになります。また、文字だけではなく写真が入っていることで、その求人広告が求職者の目に止まりやすくなるというメリットもあります。

例えば新しい仕事を求めて求人情報を検索している人は、その多くが職場の雰囲気などもチェックしたいと考えている人が多いでしょう。しかし、「その会社がどのような雰囲気か」といった点についてはなかなか言葉だけでは表現がしにくく、また異なるイメージを持たれてしまう場合もあるかもしれません。こんな時には仕事の風景やスタッフの様子などを通じて社内の雰囲気がわかるような写真を用いることで、企業側が伝えたいイメージを求職者に的確に伝えられるようになります。

このように言葉のみでは表現しきれない内容も、写真を合わせて用いることによって伝えられる情報の幅を広げられる点がメリットのひとつです。

求職者へ合わせた求人広告を作成できる

求人広告を作成する上では、「労働者の自由な職業選択の妨げになるような内容」は記載してはいけないことになっています。具体的には、性別や年齢、国籍などを限定するような表現は禁止されているため、企業側はどのような人材に応募してほしいかという点について、どう表現したら良いのか頭を悩ませてしまう場合があるかもしれません。

もちろん企業側としては、求人情報を掲載する上でのルールを守ることは必要ですが、中には「業務の特性上、若い人材にきてほしい」という事情を抱えている場合もあるかもしれません。

このような場合には、求人側が「この企業はこんな人を採用したいのかな」というイメージを持ちやすいような画像を用いるのもひとつの手といえるでしょう。

企業のブランディングを行える

写真を用いることで、企業のイメージを的確に求職者に伝えて、ブランディングを行えます。企業が大切にしている価値観や企業風土といった要素は、言葉でも十分に伝えられる部分ですが、企業のイメージやそこで働く人の熱意や熱量など「思い」の部分は、やはり言葉で十分に表現するのは難しいものです。

求人広告では、文章に写真をプラスすることによって企業イメージを伝えやすくなるというメリットがあります。このことにより、企業イメージにマッチする人材との出会いも可能になるでしょう。求職者側でも、「この企業は自分に合うかどうか」という判断がしやすくなり、より自分に合う可能性が高い求人情報を探せる、というメリットもあります。

写真を掲載する方法は?

ここまで説明してきたように、求人広告に写真を掲載するとさまざまなメリットが得られるため、ぜひ社内の雰囲気などが伝わる写真を掲載して、求職者の目に留まる広告を作成しましょう。

Indeedの求人広告に写真を掲載する場合には、「直接投稿する」と「採用管理システムや自社の求人サイトを利用する」という2つの方法があります。ここでは、具体的に写真を掲載する方法についてご紹介しますので、効果的な求人広告を作成するためにチェックしておきましょう。

直接投稿する

まずひとつ目が「直接投稿する」方法です。この場合は、Indeedの申請フォームに直接情報を入力していく方法で写真を投稿します。

直接投稿を行いたい場合には、まずIndeed内でアカウントを解説した後、アカウント管理画面から無料で作成できる企業ページ「オリジナル採用ページ」を作成が必要です。このオリジナル採用ページで画像を登録することによって申請フォームで画像をアップロードできるようになるため、好きな写真を求人広告に掲載できるようになります。

採用管理システムや自社採用サイトを活用する

もうひとつの方法が、自社の採用サイトや採用管理システムを利用する方法です。すでに作成している求人のページがある場合には、Indeedに直接読み取ってもらうことができます。こちらの方法を使用すると、Indeedで求人情報をみた求職者を自社の採用サイトに誘導できるようになります。

すでにあるものを利用できるというメリットがありますが、この方法を使う場合には写真が正しく表示されているかを確認する必要があります。確認する際には、Indeedの検索画面から確認できます。

どんな写真を使用すればいい?

どのような内容を伝えたいかによって使用する写真が異なりますが、例えば「オフィス内の雰囲気が伝わる写真」や「仕事風景が写っている写真」などを用いることにより、会社のイメージを伝えられます。また、「社内イベントの写真」や「スタッフを写した写真」では、どんな人材が多く働いているのかという点を的確に伝えられるでしょう。会社の特徴を文字だけではなく視覚的に伝えるという点では、スタッフや社内の写真がおすすめです。

また、どんな製品やサービスを扱っているのかという点をアピールしたい場合もあります。その場合は、実際に製作している製品や仕事をしている様子の写真を掲載すると伝わりやすいでしょう。

求人広告に写真を入れる際の注意点としては、「フリー素材はできるだけ使わない」という点が挙げられます。フリー素材は美しく撮影されているものもありますが、会社の雰囲気を具体的に伝えるという点では伝わりにくくなってしまいます。効果的な求人広告を作成するためにも、できる限り自社で撮影した写真を用いるようにしましょう。

まとめ

Indeedの求人広告に写真を掲載するメリットについて説明してきました。文字のみの求人情報ではなく、写真も一緒に用いることによって、他の求人情報との差別化を行えるようになるため求職者の目に留まりやすくなります。さらに企業が持つ魅力も的確に伝えられるため、可能な限り写真を用いることをおすすめします。

写真を選ぶ場合には、「この写真は求人広告で伝えたい内容を表現しているか?」という点を考えることが大切です。文字では伝えにくいことも写真で伝えられますので、ぜひ良い写真を選んで、より良い求人広告を作成しましょう。

特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る