Indeed代理店選び方Navi » 課題から見るIndeed代理店選びのポイント » 応募者が少ない・エントリー率が低い

応募者が少ない・エントリー率が低い

世界最大級の求人サイトとして知られるIndeed。CMで認知度が高まり、多くの企業が利用しています。しかし、Indeedに求人広告を掲載したものの、応募が少なくて困っている企業も多いことでしょう。

そこでこの記事では、エントリー率が悪い原因とその対策についてお伝えします。ぜひ当記事を参考にし、エントリー率アップを目指してください。

応募が少ない原因と対策

Indeedに広告を掲載したが、応募が少ない原因として、求人広告の書き方の悪さが考えられます。求人広告の書き方のコツを学び、工夫して広告を制作することで、エントリー率の向上を目指すことが可能です。

また、エントリー率の改善を図るために、Indeed広告運用と求人サイトやオウンドメディアを組み合わせることも重要。 では、求人広告の書き方のコツ、そして求人サイトやオウンドメディアの必要性について、それぞれ詳しく解説していきます。

求人広告の書き方を見直す

何の工夫も凝らさず、ただ求人広告を作成するだけでは、求職者を惹きつけることはできません。そこで、以下の書き方のポイントを踏まえ、自社の求人広告を見直してみましょう。

まず、求人広告を作成する際は、求職者目線で作成することが重要です。ターゲットとなる人材をイメージし、ターゲットがどのような情報を知りたいと思うのかを考え、求職者が応募したくなるようなページを意識しましょう。広告を作成し終わったら、第三者に確認してもらうのが良いです。

また、仕事内容がイメージしやすいように、具体的に書くことも大切。実際に行ってもらう仕事内容を詳しく具体的に、そして分かりやすく書くことで、エントリー率の向上のほか、ミスマッチを減らすこともできます。

スキルの部分に関しては、必須条件なのか、それとも歓迎条件なのかをわかりやすく記載し、必要な人材を示すようにしてください。

オウンドメディアを活用してエントリー率の向上を図る

仕事内容だけでなく、自社がどのような会社なのか、求職者がしっかりイメージできるような情報を掲載する必要があります。そこで、会社のリアルな雰囲気や魅力を伝えられる求人サイトや、オウンドメディアを活用することが重要になってきます。

オウンドメディアには、好きな情報を好きなだけ掲載することが可能です。また、サイトのデザインやコンテンツも自由に選択できるため、自社のイメージを求職者に正確に伝えることができます。また、オウンメディア・リクルーティングは、早ければ1週間で成果を挙げることも可能です。

そのため、Indeedだけで採用活動を行っている場合、Indeedの広告運用とオウンドメディアを掛け合わせることで、エントリー率の増加目指すことが可能です。

オウンドメディアは自社で制作することもできますが、専門的なスキルやノウハウを身につける必要があります。

Indeedの運用とオウンドメディア構築は外部委託がおすすめ

有料枠のIndeed広告は、基本のノウハウがないと難しいのが実情です。また、毎日のことなので、運用代行を外部に依頼するのが効率的。求人サイトやオウンドメディアについても、構築や運用を委託するのも一つの手です。Indeed運用代行の代理店の中には、求人サイトやオウンドサイトなどの制作を得意としている会社もあります。

Indeedでの求人を効率よく成功させるためには、上記だけでなく、さまざまな対策が必要。Indeed代理店は、単に運用するだけでなく、三種の神器(求人用のサイト制作やIndeed運用の解析・分析・PDCAを回せること、求人やWEB戦略のコンサルティングもしてくれること)が重要です。

特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る