Indeed代理店選び方Navi » 課題から見るIndeed代理店選びのポイント » 急に応募数が減った・効果がなくなった
 

急に応募数が減った・効果がなくなった

Indeedに求人広告を掲載後、順調にエントリーが入っていたにも関わらず、急にエントリー率が落ちた、応募数が少なくなってしまった、そんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、Indeedの応募率が落ちてしまう原因と対策について、詳しく解説していきます。ぜひ参考にしていただき、エントリー率の改善を目指しましょう。

Indeedを効果的に運用するには?

掲載当初は順調に応募が来ていたにもかかわらず、急に来なくなってしまうのはどうしてなのでしょう?ここでは、エントリー率が落ちるなど、Indeedの効果が悪化してしまった原因と対策についてお伝えします。

Indeedの効果が一定でない原因とは

実は、Indeedの応募率には波があります。たとえば新着の求人記事は、検索結果の上位に表示される可能性が高く、そのため、Indeedに掲載し始めた直後に応募が来ることがあります。

しかしそれだけではなく、Indeed有料枠の運用が難しいことが一因としてあります。たとえば予算の設定に関して、自動設定は効果が高いといわれているのですが、クリック単価が突然あがってしまうことがあります。

入札設定は、効率的な運用をするためには、適正金額を見極めて入札しなければなりません。キャンペーンの設定については、プロでも意見が分かれるほど難しい部分です。

そうした設定をいろいろと試し、最適化していく必要性があります。また、求人アナリティクスでキーワードのトレンドや求人件数、クリック数を把握し、Indeedアナリティクスでより詳細なデータを確認するなど、常に状況を解析しなければなりません。そして原因を分析し、対策を考え実行する、この一連の流れ(PDCA)を常にまわしていく必要があります。

詳細な解析や分析を行っている代理店に依頼する

このように、自分たちでIndeed有料枠の運用を行い、採用成功につなげるのはなかなか難しいです。そこでおすすめなのが、Indeed代理店に運用の代行依頼をすること。Indeedの運用代行では、月に一度、結果やアナリティクスの数値や運用結果のレポートが送られてくるのが一般的です。そのため、運用代行を依頼することにはなりますが、運用状況を確認することができます。

また、代理店のなかにはWeb解析士や資格者が在籍していたり、Indeed広告運用に関するノウハウを持った専門チームに担当してもらえるなど、力強いサポートを受けることも可能。詳細な解析や分析を行い、改善策を提案、次月の運用に生かしてPDCAを回して、パフォーマンスの最大化を目指してくれます。

Indeed運用代行を代理店に依頼すると、当然ですが費用がかかります。しかし、自社で運用をすれば、手間や人件費がかかってしまうので、結果的にはプラスになることも。代理店に任せることで、その分の時間を他の業務に充てるなど、時間を効率的に使えます。

Indeedは運用代行を外部に依頼するのがおすすめ

有料枠のIndeed広告は、基本のノウハウがないと難しいです。また、毎日のことなので、運用代行を外部に依頼するのが効率的。そしてIndeedでの求人を効率よく成功させるためには、上記だけでなく、さまざまな対策が必要となってきます。

Indeed代理店は、単に運用するだけでなく、三種の神器(求人用のサイト制作・Indeed運用の解析、分析、PDCAを回せること・求人やWEB戦略のコンサルティングもしてくれること)が重要です。

関連ページ

特別認定パートナーを調査! 運用代行81社から選べる Indeed代理店Navi

  • 課題から見るIndeed代理店選びのポイント
  • どこよりも詳しい【ゴールド】Indeed特別認定パートナーリスト
  • どこよりも詳しい【シルバー】Indeed特別認定パートナーリスト
  • どこよりも詳しいIndeed 認定パートナーリスト
  • 特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の81社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
    特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の81社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
    Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る
    Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る
    本サイトで紹介しているIndeed特別認定パートナー81社(※)のうち、運用代行に加えて「専用サイト制作」「分析・PDCA」「戦略コンサルティング」すべてに対応。かつ、運用手数料を公表しているIndeed代理店はこの2社でした。
    ※ここで紹介しているIndeed代理店83社は、2021年8月16日時点でIndeed特別認定パートナーであり、公式サイトにおいてIndeed運用代行に関する記載のあった会社です
    予算規模の大きい企業向けゴールドパートナーなら

    船井総研・HRForce

    船井総研・HRForce

    引用元:船井総研・HRForce Indeed運用代行サイト
    https://www.funaisoken.co.jp/lp/web_recruit#_ga

    手数料
    30
    最安プランの費用
    要問合せ

    ※広告費用のほかに、運用広告費の30%の料金が運用手数料としてかかります。

    コンサルティング実績豊富な船井総研とリクルーティング事業のHR Forceが強力サポート
    出稿最短日数
    7
    indeed事業
    実績
    2018年~
    求人広告事業
    実績
    1994年~
    始めやすい予算規模シルバーパートナーなら

    アドバ

    アドバ

    引用元:アドバ公式サイト
    https://www.adva-webteam.com/indeed/

    手数料
    20
    最安プラン
    の費用
    330,000円(税込)

    ※広告費用のほかに、運用広告費の20%の料金が運用手数料としてかかります。

    利用継続率は90%、常に顧客と並走しながら手厚くサポート
    出稿最短日数
    3
    indeed事業
    実績
    2015年~
    求人広告事業
    実績
    1987年~
    本サイトで紹介しているIndeed特別認定パートナー83社(※)のうち、運用代行に加えて「専用サイト制作」「分析・PDCA」「戦略コンサルティング」すべてに対応。かつ、運用手数料を公表しているIndeed代理店はこの2社でした。
    ※ここで紹介しているIndeed代理店83社は、2021年8月16日時点でIndeed特別認定パートナーであり、公式サイトにおいてIndeed運用代行に関する記載のあった会社です
    予算規模の大きい企業向けゴールドパートナー
    なら
    始めやすい予算規模シルバーパートナー
    なら
    スライドして見比べられます

    船井総研グループ
    (HR Force)

    船井総研グループ

    引用元:船井総研グループ「HR Force」公式サイト
    https://www.hr-force.co.jp/recruiting-cloud/

    手数料
    30
    最安プランの費用
    要問合せ

    ※広告費用のほかに、運用広告費の30%の料金が運用手数料としてかかります。

    コンサルティング実績豊富な船井総研とリクルーティング事業のHR Forceが強力サポート
    出稿最短日数
    7
    indeed事業
    実績
    2018年~
    求人広告事業
    実績
    1994年~

    アドバ

    アドバ

    引用元:アドバ公式サイト
    https://www.adva-webteam.com/indeed/

    手数料
    20
    最安プラン
    の費用
    330,000
    (税込)

    ※広告費用のほかに、運用広告費の20%の料金が運用手数料としてかかります。

    利用継続率90%、常に顧客と並走しながら手厚くサポート
    出稿最短日数
    3
    indeed事業
    実績
    2015年~
    求人広告事業
    実績
    1987年~