Indeed代理店選び方Navi » 課題から見るIndeed代理店選びのポイント » 急に応募数が減った・効果がなくなった

急に応募数が減った・効果がなくなった

Indeedに求人広告を掲載後、順調にエントリーが入っていたにも関わらず、急にエントリー率が落ちた、応募数が少なくなってしまった、そんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、Indeedの応募率が落ちてしまう原因と対策について、詳しく解説していきます。ぜひ参考にしていただき、エントリー率の改善を目指しましょう。

Indeedを効果的に運用するには?

掲載当初は順調に応募が来ていたにもかかわらず、急に来なくなってしまうのはどうしてなのでしょう?ここでは、エントリー率が落ちるなど、Indeedの効果が悪化してしまった原因と対策についてお伝えします。

Indeedの効果が一定でない原因とは

実は、Indeedの応募率には波があります。たとえば新着の求人記事は、検索結果の上位に表示される可能性が高く、そのため、Indeedに掲載し始めた直後に応募が来ることも。

しかしそれだけではなく、そもそもIndeed有料枠の運用は難しいのです。たとえば予算の設定に関して、自動設定が最も効果が高いといわれているのですが、クリック単価が突然あがってしまうことがあります。

入札設定に関しては、効率的な運用をするためには、適正金額を見極めて入札しなければなりません。キャンペーンの設定については、プロでも意見が分かれてしまうほど難しい部分です。

これらの設定をいろいろと試し、最適化していく必要性があります。また、求人アナリティクスでキーワードのトレンドや求人件数、クリック数を把握し、Indeedアナリティクスでより詳細なデータを確認するなど、常に状況を解析しなければなりません。そして原因を分析し、対策を考えながらPDCAをまわしていく必要があります。

詳細な解析や分析を行っている代理店に依頼する

このように、自分たちでIndeed有料枠の運用を行い、採用成功につなげるのはなかなか難しいです。そこでおすすめなのが、Indeed代理店に運用の代行依頼をすること。Indeedの運用代行では、月に一度、結果やアナリティクスの数値や運用結果のレポートが送られてくるのが一般的です。そのため、運用代行を依頼することにはなりますが、運用状況を確認することができます。

また、代理店のなかにはWeb解析士や資格者が在籍していたり、Indeed広告運用に関するノウハウを持った専門チームに担当してもらえるなど、力強いサポートを受けることも可能。詳細な解析や分析を行い、改善策を提案、次月の運用に生かしてPDCAを回して、パフォーマンスの最大化を目指してくれます。

Indeed運用代行を代理店に依頼すると、費用がかかってしまうというデメリットがあります。しかし、自社で運用をすれば、手間や人件費がかかってしまうので、結果的にはプラスになることも。代理店に任せることで、その分の時間を他の業務に充てるなど、時間を効率的に使えます。

Indeedは運行代行を外部に依頼するのがおすすめ

有料枠のIndeed広告は、基本のノウハウがないと難しいです。また、毎日のことなので、運用代行を外部に依頼するのが効率的。そしてIndeedでの求人を効率よく成功させるためには、上記だけでなく、さまざまな対策が必要となってきます。

Indeed代理店は、単に運用するだけでなく、三種の神器(求人用のサイト制作やIndeed運用の解析・分析・PDCAを回せること、求人やWEB戦略のコンサルティングもしてくれること)が重要です。

特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る