Indeed代理店選び方Navi » 課題から見るIndeed代理店選びのポイント » IndeedはなぜSEOに強い?
その理由は?

IndeedはなぜSEOに強い?
その理由は?

世界最大の求人検索エンジン「Indeed」には、「SEOに強い」という大きな特徴があります。SEOに強いと検索結果の上位にページが表示されますので、その分アクセスしてもらえる数も増えるということ。求人情報の場合には、仕事を求めている人が多く求人情報を閲覧することにより、企業が求めている条件に合った人材と出会える可能性が高くなるということです。

採用担当者の中には、「IndeedはSEOに強いから利用したい」と考えている方もいるかもしれません。しかし、なぜIndeedがSEOに強いのか」ということまで考えている方は少ないのではないでしょうか。そこで、このページではIndeedがSEOに強い理由を解説。その理由を知ることによって、さらにIndeedを採用活動に活用できるようになるはずです。

IndeedがSEOに強い理由

IndeedはSEOに強いという点が大きな特徴です。ではなぜIndeedがこれほどSEOに強いのでしょうか。その理由を知ることによって、企業の採用担当者はより効率的な採用活動ができるようになるはず。ここでは、なぜIndeedがSEOに強いのかを詳しく解説していきます。

企業・求職者ともに利用者数が多い

Indeedは世界でおよそ2億人が利用しているコンテンツです。企業・求職者ともに利用している人が多く、この圧倒的な利用者数はIndeedの強みのひとつでもあり、SEOに強い理由になっています。

これほどまでに利用者が多い理由としては、「シンプルで使いやすいつくりになっていること」、さらに「掲載されている求人情報に応募する際に面倒な利用手続きが必要ない」という点などが挙げられます。すなわち利用する側にとって使いやすいコンテンツになっている、ということ。せっかくいい情報を見つけたとしても、応募するまでのハードルが高い場合にはこれ以上利用する気が起きなくなることもあるでしょう。そのため、求職者が情報を見つけてから応募までの流れがスムーズであるという点は、ユーザーの使いやすさの観点から考えても非常に重要なポイントであるといえます。

このように、求職者が利用しやすいコンテンツを提供することで利用者が増え、良い人材を採用したいと考えている企業も集まりやすい、という面もあります。すると自然と掲載される情報量も多くなり、より求職者が多く集まる、という良い循環が生まれていきます。

利用者が多くなるとそれだけIndeedが利用される機会も増え、SEO上位に表示されるページも増えていくということになります。

求人検索媒体に比べて、情報量が多い

「圧倒的な情報量の多さ」もIndeedの強みです。Indeedに掲載されている求人情報は日々更新されており、求職者は膨大な情報を閲覧することができるため、さまざまな企業の情報を比較検討できるようになっています。

Indeedに掲載されている求人情報は、なんと数十万件にものぼります。これは、世界中のWebサイトに掲載されている求人情報を吸い出しているため。日本の企業だけを見ても、正社員の情報はなんと50〜80万件掲載されているといわれており、アルバイトの求人はそれ以上の情報を掲載。これほどまでに求人情報を掲載しているサイトはほかになく、それだけ希望に合った情報にたどり着ける可能性が高い、ということから利用者の多さにも繋がっています。

また日々情報が更新されていることから、利用者はより良い情報を求めて何度もIndeedにアクセスし、求人情報を検索します。昨日は掲載されていなかった情報が、今日は掲載されているという点も、利用者にとって非常に魅力的に感じる部分です。

Indeedが月間でアクセスされる回数は、なんと2,000万以上。多くの利用者が訪れ、さらに何度もアクセスされるコンテンツということで、高く評価されていると考えられます。

ユーザーにとって有益なコンテンツだと評価されている

そもそもGoogleなどの大手検索エンジンは、「ユーザーにとって有益なコンテンツを上位に表示する」ということを目的としているため、「いかにユーザにとって満足できるコンテンツを提供しているか」という点が非常に見られています。

より良いコンテンツを上位に表示するために検索エンジンのアルゴリズムには日々改良が加えられているものの、この「ユーザーにとって有益なコンテンツを提供しているかどうか」という点は一貫して変わっていません。

そのため、SEOに強いIndeedはユーザーにとって有益なコンテンツである、と判断されているということ。ユーザーにとって役に立つ、質の高い情報が掲載されているサイトである、とされているのです。

Indeedは、徹底的に「ユーザーファースト」を追求しているコンテンツ。どのような内容を掲載すればユーザーが求めている情報を提供できるか、どのような作りにすればいかにユーザーが使いやすく満足させられるかという点を追求することによって、結果としてSEOに強いコンテンツとなっている、といえるでしょう。

ユーザが使いやすいコンテンツとなっている

Indeedの特徴として、「ユーザー目線に立った使いやすいつくりになっている」という点も挙げられます。求人情報が多いという点もさることながら、求職者が求めている情報までたどり着きやすいこと、さらに表示のスピードも早く使いやすいという特徴があります。いくら情報が多くても、表示が遅く見づらいページは2度と見られない可能性が高くなってしまいます。

求人情報を探す際には、多くの場合複数の求人情報を比較して検討することになりますが、Indeedは気になる求人情報の比較しやすいコンテンツとなっている点も大きな特徴といえるでしょう。

また、求職者が求めている情報にたどり着きやすい理由のひとつとして、求職者に多く検索されるキーワードが各所に散りばめられている、という点も挙げられます。例えば事務やアパレル、営業、建築といった業種を表すワードや、短期や長期、寮完備、残業が少ないといった求職者のこだわりの条件に関連するワード、そしてエリア名などが情報の中に織り交ぜられています。このことにより、求職者は自分の希望条件に合った情報まで素早くたどり着けるようになっています。

このような面が検索アルゴリズムに評価されることによって、SEOの強さに繋がっているのです。

マイナーな地域名でも検索できる

Indeedの求人情報は全国各地を網羅していますが、都市部だけではなくマイナーな地方の市町村名でも迅速に検索できる点も強みのひとつです。地域によっては求人情報の数そのものが少ないところもありますが、そのようなエリアだったとしても市町村名で検索できるため、求人情報を探すことが可能です。

自分が住んでいる地域や住みたいと思っている地域の求人情報がほかのサイトではなかなか見つからないけれど、Indeedであればすぐに見つかる、ということであればその利用者はよりIndeedを利用します。このように、ピンポイントで情報を見つけられるという点も、ユーザーの利便性やユーザーの多さに繋がっているといえるでしょう。

Indeedでは、さまざまなユーザーの要望を満たすためにも細かいキーワードを設定し、ターゲットを絞り込んだページを作っています。そのため、利用者にとって有益な情報であると評価されており、SEOの観点からも有利なコンテンツとなっていると考えられます。

被リンクの数も非常に多い

IndeedがSEOに強い理由として、「被リンクの数が多い」という点もあるといわれています。非常に信頼できる情報が多く掲載されているIndeedは、ほかのサイトで紹介されるケースも非常に多くなります。すると当然、ほかのサイトからリンクが貼られることが多くなります。

この「被リンク」の数が多いサイトは、検索エンジンから高い評価を得るともいわれていますので、有益な情報が多いIndeedは、それだけSEOに強いコンテンツとなっているということになります。

まとめ

さまざまな要因からSEOに強いIndeed。このことからもわかるように、Indeedは求職者にとっても企業側にとっても非常に有益で、使いやすいコンテンツです。優秀な人材を得たいと考えている企業は、Indeedを活用することによって自社が求める人材と出会うことができるでしょう。求職者はさまざまなキーワードで情報を検索していますから、自社の求人内容に合致するキーワードにぴったりと合った、すなわち自分の会社で活躍できる可能性の高い人材を集めることができます。

以上の理由から、採用活動を行う場合にはIndeedの活用がおすすめ。求職者に多く見られているコンテンツということは、それだけ条件に合った人材と出会える可能性も高くなるため、ぜひIndeedを採用活動に活用していきましょう。

特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る