Indeed代理店選び方Navi » 課題から見るIndeed代理店選びのポイント » 求職者はIndeedの企業レビューを
重視している

求職者はIndeedの企業レビューを
重視している

Indeedでは、「企業ページ」の機能の一つとして「企業レビュー機能」を用意しています。このページは、実際に働いている人や過去にその企業で働いていた人が、給与やその会社の働きやすさ、社風などについてレビューを行えるものです。

仕事を探している人は、その企業に応募するかどうかの判断材料として、レビューを重視している傾向があります。そこでこのページでは、なぜ企業レビューが重視されるのかという理由や、企業側がレビューを活用する上での注意点などについて解説します。

求職者が企業レビューを
重視している理由は?

求職者が企業に応募するかどうか検討する場合、企業レビューが大きな判断材料となる場合があります。では、なぜ求職者は企業レビューを重視しているのでしょうか。その理由に迫ってみましょう。

選考中や入社後に発覚するズレを避けたい

仕事を探す上では、選考中や入社してからミスマッチが発覚すると、「こんな仕事だと思っていなかった」「思っていた雰囲気とは違った」という思いを抱えることになり、せっかく入社しても仕事が長続きしない場合もあります。この点については、求職者だけではなく企業側でも同様。「会ってみたら求めていた人材ではなかった」というミスマッチは避けたい、と考えているはずです。

求職者が仕事を探す際には、まず求人票を見て、仕事の内容に加えて企業がどのようなスキルや能力を求めているのかを把握しますが、これらの情報だけでは会社の雰囲気や企業が求めている人材など、全容を知れるわけではありません。断片的な情報のみを得た状態で応募してしまった場合、求職者・企業側双方で「思っていた内容と異なる」と感じてしまう可能性が高くなってしまうわけですが、採用現場ではこのようなケースは少ないとはいえません。

このようなミスマッチを防ぐために活用できるのが、「企業レビュー機能」。その企業で実際に働いている人や過去に働いていた人から寄せられたコメントや評価を掲載することによって、職場の雰囲気やどのような業務を行っているか、募集職種といった細かい点まで具体的にイメージしやすくなるというメリットがあります。

良い内容のみの求人票は信用性に欠ける

また、企業の求人票は「多くの人に応募してもらいたい」と考えるばかりに良い内容の羅列になってしまう、というケースがあります。また、企業のブランドイメージを保つためにも、その企業のプラス面を押し出した内容で作成してしまうケースも多く見られます。しかし、このように良い内容しか書かれていない求人票は、求職者からは逆に怪しいと思われてしまい、敬遠される可能性も。ここに、求職者が企業レビューを重視する理由があります。

企業レビューでは「会社の良い部分・悪い部分」や、「実際の会社の雰囲気」が具体的に記載されることになるため、求職者はその企業についてより具体的に知ることができるメリットがあります。個々人の主観にはなるものの、さまざまな企業レビューを読むことによってある程度会社の雰囲気をつかむことができるでしょう。

このように、企業レビューには現場で働いている社員の「生の声」がしっかりと反映されているため、求人票に書かれている内容からさらにその企業について理解をした上で応募できるようになる、というわけです。

求職者はどんなレビューを
参考にしている?

また、企業レビューを活用する上で知っておきたいのが「求職者はどのようなレビューを参考にしているのか」という点。ここでは、具体的にどのようなレビューが見られているのか、という点について説明します。

最も参考にされるのが「現場社員の声」

新しい仕事を探している人が最も参考にするのは、「現場社員の声」です。

企業レビューは現場で実際に働いている社員の生の声を反映していることから、より具体的に仕事のイメージや職場の雰囲気を感じられるものであるためです。例えば求人票で「明るい職場です」と書かれていたとしても、どのような雰囲気なのかが掴みにくいという印象を与えがちですが、レビューに書かれた内容を読むことにより、具体的な雰囲気をつかめるはずです。

さらに、求人に応募するにあたって何かしらの不安や心配などを抱えている求職者もいることでしょう。そんな場合でも実際にその現場で働いている人の声を知ることによって、不安が解消されたり具体的に自分が働いているイメージを描けます。「ここで働きたい」「ここでは長く働けそうだ」という気持ちを持てる場合もあるのではないでしょうか。

Indeedの企業レビューの注意点

企業レビューを利用するには、できるだけ効果的な運用をしたいものです。ここでは、Indeedにおいて企業レビューを活用する上での注意点について解説します。いくつか気をつけておきたい部分がありますので、レビューを活用したいと考えている場合にはあらかじめチェックしておきましょう。

企業レビューは削除できない

まず1つ目の注意点としては、「レビューを投稿した本人以外は削除できない」という点です。そのため、例えば否定的な内容が書かれていたとしても企業側は勝手に削除できません。このような仕組みだからこそ本物の現場の声が掲載されており、求職者にとっても参考になる、という面もあるといえるでしょう。

以上のことから、もし批判的な内容や不満を持っているようなレビューが投稿された場合には、企業側はその内容をしっかりと受け止め、改善に役立てていけるように働きかけることが大切です。

レビューに対しては素早い返信を

また、投稿されたレビューには返信ができます。この返信はできる限り早めに行うのがポイントです。

レビューの内容はもちろんですが、そのレビューへの返信も誰もが閲覧できるものであることを忘れてはいけません。こまめに返信することにより、求職者に対しても「この会社は社員の声に耳を傾けてくれる会社なのだ」という印象を与えられます。そのため、厳しい内容の投稿だったとしても前向きな返信を心がけましょう。

返信をする際に注意すべきなのが、高い評価のレビューのみに返信し、低評価のものには返信しないなど「ムラのある対応」はしないこと。このような対応をしていると、求職者は不信感を持ってしまうため注意が必要です。

ただし、あまりにも攻撃的な内容のレビューが投稿された場合には対応に注意が必要です。その場合には、コメントの返信を行うよりもメールや電話など、ほかの対応に切り替えるのが得策な場合も。お互いが冷静に話し合える場を作ることが必要なケースもあります。

このページでは、企業レビューの重要性について解説してきました。なぜ求職者がレビューを重視しているのか、そしてどのような内容が参考にされるのかという点を踏まえることで求職者と企業のミスマッチを防ぎ、より良い人材と出会える可能性も高くなるでしょう。

さらに、レビューを活用するためには注意点をしっかりと押さえるという点も大切です。企業レビューを上手く活用することで、より良い採用活動を展開することができるはずです。

特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
特別認定パートナー(ゴールド&シルバー)の86社を調査解決したい課題から依頼すべきIndeed代理店が1分でわかる!
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る
Indeed運用3種の神器をすべてもつIndeed代理店2社を見る